採用情報


先輩社員インタビューVol.03
マンションライフ課 齋藤順一(2002年度入社)

「街」を舞台にした意義深い仕事です。

パークタウンサービスを志望したきっかけは?

もともと大学で都市計画を勉強するカリキュラムがあり、それを通じて「街づくり」に興味を持ちました。実際、パークタウンサービスで関わる街づくりはソフト面ですが、お住まいの方のサポートをするという側面での街づくりも意義深いと思い、志望しました。

今の仕事の内容は?

マンションライフ課という部署で、マンション管理の仕事をしています。マンションは言わば「所有者みなさんの共有物」。マンションには「管理組合」というものがあり、私の仕事はその組合運営の補助です。具体的には積立金の運用や建物の修繕などがあります。

仕事のやりがいは?

入社当時は造園・土木関係の部署でしたが、今のマンション管理部門に異動したあと、以前お庭づくりを担当したお客さまから「どうしても御礼を言いたくて。」とわざわざご連絡を頂いたことがありました。部署は違えど、同じ街で仕事を続けていくことでお客さまと「繋がり」を持ち続けることにやりがいを感じました。

学生さんへメッセージを。

当社は世界規模のデベロッパー・三菱地所のグループ会社。いろいろな部門がありますがすべてにおいて「街」と「人」というベースがあります。「街」を舞台にした仕事はなかなかありません。「街づくり」という大きな規模の仕事に是非当社でチャレンジしてみてください。

(2014年1月10日掲載)

先輩社員インタビュー